転職に失敗しないためのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 転職に失敗しないためのアドバイス

転職に失敗しないためのアドバイス

何をもって転職が失敗だったと判断するかは人それぞれですが、失敗談として最も多いのは「求人票とは違った仕事内容や待遇だった」ということでしょう。たとえば、あると聞いていた残業代がつかなかったり、アットホームな職場です、と書いてあったのに人間関係が悪かった、などの理由で結局転職先もすぐに辞めてしまうケースが多いのです。

もちろん、内容によっては仕方がない場合もありますが、こうした失敗をするときの共通点としては、事前のリサーチ不足が挙げられます。たとえば面接の前に客としてでも一度店舗を訪れておけば、なんとなく雰囲気くらいはつかめたかもしれません。また、面接のときは聞きづらいというのであれば、転職エージェントを通して転職活動をしておけば、アドバイザーにもっと待遇について詳しく聞くことができたかもしれないでしょう。

ただし、最近では転職エージェントの数も増えていて、そのサービス内容やクオリティにはかなり違いがあるのでエージェント選びから慎重に行う必要があります。求職者の登録や転職先の紹介、サポートまですべてメールで済ませるようなエージェントは、確かに利用するほうも気楽ではありますが、転職先になる薬局や病院にもフォーマットだけの求人票で済ませている場合があります。そうなると、求人を出す側の求める人物像も分からないまま、とりあえず体裁の合う人を紹介する形になるので、ミスマッチが起こりやすくなるのです。面倒だと思うかもしれませんが、本当に転職を成功させたいならば、アドバイザーと面談して転職への希望や要望、自分のスキルなどについてしっかり話をしてくれるエージェントを選びましょう。

また、薬剤師は比較的求人が多く、取りえず今の勤め先と合わなくて辞めたくなっても次の転職先には困らない仕事です。実際何度も転職を繰り返している人も多いですし、多少転職回数が多くてもマイナスに受け取られることもありません。しかし、その転職はほんとうにプラスになっている転職でしょうか?薬剤師は一生働ける仕事ですが、長い目で見た時に自分が目指す薬剤師像というのはありますか?ないのであれば、まずそれを考えてみましょう。そして、その薬剤師像に一歩でも近づける職場に転職するべきです。

そうしてキャリアを積む間に、目指す先が変わることもありますが、それはそれでOK。次からそちらに近づけるように頑張ればいいのです。まずは、転職しやすい資格だからといって、目先の判断での転職を繰り返すのではなく、将来のビジョンを見据えて転職を考えてみて下さい。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.