履歴書の書き方についてのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 履歴書の書き方についてのアドバイス

履歴書の書き方についてのアドバイス

履歴書の書き方は、薬剤師の求人であっても一般のサラリーマンと特に違いがあるわけではありません。市販の履歴書に、手書きで丁寧に書くことが基本です。字は上手いに越したことはありませんが、上手い人が雑に書くよりは、下手でも丁寧に書いたほうが圧倒的に好感が持たれるので、とにかく丁寧に書けば問題ありません。当然ですが、子どもっぽい丸字や略字などは社会人としての常識が問われますので、絶対にダメです。丁寧に読みやすく書くことと、全体のバランスを見て書くことが大切でしょう。

そして、薬剤師の履歴書は特に、誤字は許されません。薬剤師というのは、薬品を正確に測って調剤を行う仕事であり、その薬が患者の体に作用するのですから、ミスが絶対に許されない仕事です。ちょっとした薬の取り違えや測り間違いが命に関わることもあるのです。履歴書の文字の間違いと仕事のミスは関係ないと思われるかもしれませんが、一事が万事。大切な時にミスをして、しかもそれをそのまま提出するような人間は、薬剤師としては信頼されなくても仕方がないのです。

そして、志望動機は重要なアピールポイントですから、しっかり書くようにします。薬剤師という仕事全般に言える話ではなく、どうしてその薬局や病院を選んだのかを具体的に書くことが大切です。個々の応募先に関わる点をアピールすることで、目的を持って転職しようとしている姿勢を示すことができます。口頭でも同じ質問がされるかもしれませんが、それも想定してしっかり答えられるように考えておきましょう。就職氷河期で、就職のために何社も受けるのが当然になっている今だからこそ、使いまわしではなく、応募先だけを志望するような動機を書くことが大切なのです。

中途採用の場合は、履歴書に加えて職務経歴書を提出します。職務経歴書は必須というわけではないですが、せっかくある程度の経験者として中途で応募するのであれば、これまででやってきた仕事などをまとめた職務経歴書があったほうが印象は良くなるでしょう。

職務経歴書にはこれまで勤めた薬局などでどのような研修を受け、どんな業務を行っていたかを具体的に記載します。また、パソコンで作ってプリントアウトで構わないので、見やすいフォーマットで作ることが大切です。そうした資料作成のセンスも選考に入っていると考えて、誰が見ても分かりやすい職務経歴書を作るようにしてください。転職エージェントを利用する場合は、履歴書も職務経歴書もアドバイザーがチェックして改善すべき点は指摘してくれるので、ぜひ相談してみましょう。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.