現在の職場の退職に関するアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 現在の職場の退職に関するアドバイス

現在の職場の退職に関するアドバイス

転職するにあたって、意外と難しいのが現在の職場の辞め方です。どのタイミングで退職の意思を伝えて、その後はどのように過ごせばよいのかわからないという人もいます。辞める職場ですから、どう思われてもいいという人もいるでしょうが、やはりお世話になったという意味でも気持ち良く次の職場に移りたいもの。職場を辞める時はどのようにすればよいのでしょうか。

法律的には、退社日の14日(2週間)前までに退社の意思を伝えれば問題ないということになっています。とはいえ、2週間というのはかなり短いので、引継ぎが多い場合や次の人員を募集する必要があるときなどは、もう少し余裕をもって退職したほうが円満に退職できるでしょう。また、薬局は書類事務の関係で月末に忙しくなることが多いので、月末を待たずに退職するよりは、その月の末日まで出勤するような形で辞めたほうが、スムーズに引き継げるのではないでしょうか。

結局のところは、法的に定められた2週間以上は、退職者と勤務先の話し合いですし、転職先との兼ね合いもありますから難しいところではあります。一般的には、1ヶ月程度の余裕を持って退職することが多く、有給の消化なども合わせて1ヶ月〜2ヶ月といったところになるでしょう。勤務先によっては、何かと難癖をつけて辞めさせてくれない場合もありますが、そのときは2週間以上先の日で退職日をしっかり通知した上で、退職日以降は出勤しなくても、何も問題はありません。

退社意思を伝える時に難しいのが退社理由をどう伝えるかと言うことですが、これはできるだけプラスの理由を伝えたほうが円満に退職できます。「〜が嫌だったので」「〜したくなから」など、今の仕事に不満があるから辞めるというよりは、他にやりたい仕事がある、という表現にしたほうが印象が悪くなりません。どんな言い方をしても辞めることには変わりありませんし、辞めることによって職場にはある程度迷惑をかけることになるのですから、せめて嫌な気持ちにさせないようにして辞めたいものです。

退職する職場とはいえ、薬剤師として転職する以上同じ業界にはいるわけですから、これまでお世話になったという意味も込めて、できるだけスムーズに辞められるように気を配りましょう。そのために、有給消化は当然の権利ではありますが、引継ぎなどを考えて結局消化せずにギリギリまで出勤する人も少なくありません。場合によっては就職よりも難しい退社ですが、転職先が決まっている場合は期日までに退職しないと転職先にも迷惑がかかります。頑張ってスムーズに退職できるように心がけましょう。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.