志望動機についてのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 志望動機についてのアドバイス

志望動機についてのアドバイス

面接の際に聞かれる志望動機については、新卒の学生も中途の経験者も頭を悩ませるところです。やる気をアピールする重要なポイントではありますが、あまりにも理想論的なことを書くのも白々しいでしょう。新卒の場合であれば、未経験で当たり前なので興味のある仕事内容とやる気をアピールするしかありませんが、中途の場合は経験もからめてもう一工夫した志望動機にしたいところです。

最も書きやすいのが、前職とは違った分野の薬剤師を目指す場合です。たとえば、調剤薬局から病院勤務への転職であれば、「薬局勤務で調剤については学ぶことができたが、もっと患者さんと直接コミュニケーションの取れる仕事がやりたくなった」という内容にできますし、病院からドラッグストアであれば、「地域の人の生活に密着した環境で働けることに魅力を感じた」というのも無難なところです。

ポイントは、今の経験プラスアルファの仕事をしたくなった、ということです。たとえ本音が「病院勤務よりドラッグストアで働いたほうが給料が高いから」だとしても、そこを正直に書く必要はないのです。せっかく中途で経験者を取るのであれば、ある程度即戦力で使いたいというのも求人先の本音でしょうから、自分に何ができるのかを具体的に書くことも効果的です。たとえば、〜〜科の薬を多く扱っていたというのであれば、その科に関わる薬については詳しいと判断されますし、忙しい薬局で働いていた場合は、毎日○○枚程度の処方箋を調剤していましたといえば、処理能力については認めてもらえるでしょう。このように、自分がやっていた仕事を具体的に書くことも、良いアピールになります。

難しいのは、同じような薬局への転職を目指す場合です。たとえば調剤薬局から調剤薬局の転職で、薬局の規模も仕事の内容も同じような場合には、「ステップアップ」というキーワードが使えません。もちろん引っ越しなどで通勤が困難になった、というような、誰が聞いても仕方がない場合は問題ありませんが、人間関係が辛くて調剤薬局を辞めて、また同じような調剤薬局へ転職というケースではなかなか難しいものです。

その場合でも、「以前患者として訪れた時の印象がとてもよかった」というふうな、プラス面での志望動機を書くことが大切です。とはいえ、最近では患者として薬局で処方を受けると記録に残るため、来たこともないのに患者だと嘘をついても見抜かれてしまうので、その点は注意してください。できれば本当にリサーチもかねて、普段からあちこちの薬局にかかっておいたほうが、いざという時に役立つかもしれません。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.