ミスマッチが起こらないためのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> ミスマッチが起こらないためのアドバイス

ミスマッチが起こらないためのアドバイス

せっかく転職しても、新しい職場が気に入らずに転職を繰り返してしまう人がいます。薬剤師は資格職で転職が比較的容易であるために、その傾向が高いのが特徴です。転職するのは悪いことではありませんが、こうして雇用のミスマッチが起こるのはお互いに不幸なことです。求職者側も履歴書の職歴欄が無駄に増えていきますし、求人を出した側も採用活動にかかったコストがふいになってしまいます。このような雇用のミスマッチが起こらないためには、どうすればよいのでしょうか。

雇用のミスマッチが起こる原因としては、お互いのリサーチ不足が挙げられます。転職先の薬局や病院がどのようなところを調べずに転職を決めてしまい、いざ働くようになってから「何か思っていたのと違う」といって辞めてしまうケースは後を絶ちません。

求人票に書かれている待遇や条件だけでは、その薬局が求める人材がどのような人なのかを感じ取ることはできませんから、結局求める人材とは違う人が応募して採用にいたるものの、続かないということの繰り返しなのです。この場合、薬局側は雇用条件だけでなく、どんな薬局で、どんな人に来てほしいのかをもっと伝える必要がありますし、応募者のほうも自分がやっていけそうな薬局かどうかをもっとリサーチしなければなりません。

とはいえ、仕事をしながら転職活動をする中で、候補となっている転職先のリサーチをするのは非常に困難ですし、どうやってリサーチすればよいかわからないという人もいるでしょう。そんな時には、薬剤師専門の転職エージェントを利用するのも良い方法です。しっかりしたエージェントであれば、求職者に対しても、求職元に対してもしっかりヒアリングを行っています。特に、雇用する側の薬局や病院と十分に話をすることで、欲しい人材についての意識を共有できていますから、紹介する時点でスキルなどが条件に合うだけでなく、その職場でやっていけそうな人材を選んで紹介するため、ミスマッチが少なくなるのです。

こうしたマッチングをする力こそ、エージェントの実力が問われるところですから、まずは信頼できるエージェントを探すことが大切です。リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、エムスリーキャリアなどは、人気が高いだけあってアドバイザーのカウンセリング能力にも定評があり、比較的安心して任せることができます。まずはこうしたエージェントに登録して、アドバイザーとしっかり話をし、自分に合った転職先を紹介してくれそうなエージェントに任せるのがよいでしょう。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.