結婚・出産を考えている女性薬剤師へのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 結婚・出産を考えている女性薬剤師

結婚・出産を考えている女性薬剤師へのアドバイス

男性薬剤師の場合、転職理由として多いのは年収アップやキャリアアップがあります。一方、女性薬剤師の場合は、結婚や出産といった生活スタイルの変化ゆえに転職を考えるケースが多い傾向があります。

それまでは正社員としてフルタイムで薬剤師の仕事をしていたものの、結婚や出産を機に薬剤師の仕事を休職することもあります。しかし、数年が経過して新たな生活スタイルにも慣れてきたことや、子供が保育園や幼稚園に入園したことをきっかけにまた仕事に復帰したいと考えるのは普通です。特に薬剤師としての免許があるならば、通常のパート勤務よりも短時間で高収入を得ることができるからです。

女性薬剤師が復職する際に人気なのが、調剤薬局でのパート薬剤師としての仕事です。調剤薬局のなかには、育児との両立を応援する店舗もあり朝の始業時間も10時や11時と遅めの案件もあります。家事を済ませ、子供を幼稚園まで送ってから仕事に行くことを考えると嬉しい条件です。また1日3時間勤務からでも可能という求人も多くあります。急に1日8時間勤務を続けると体力的にも精神的にも疲れてしまいます。

ブランクのある薬剤師でも安心して復職できるように、研修体制がしっかりした薬局や病院がおすすめです。結婚や出産を機に休職した場合、数か月という期間よりも数年後に復職する女性薬剤師が多くみられます。数年経過すると、医学や薬学でも多くの変化が生じています。そのため、研修体制が整っていないと周りのやり方を見ながら、手探りで仕事を覚えなければいけません。薬によっては調剤を間違えると患者さんの命に関わるものも少なくありません。そうした不安や心配を抱えながら仕事をするのは非常にストレスになります。

ドラックストアなどの案件は調剤薬局よりも高い時給が設定されています。調剤薬局と同様にシフト制でパート薬剤師として勤務することができます。業務内容も調剤業務だけではなく、在庫管理や棚卸、レジ打ち、商品陳列など多岐に渡るので活動的な業務を好む場合はおすすめです。ただ、調剤薬局と異なり年中無休で24時間営業の店舗も多いため休日が不定期になることや残業時間が増える傾向もあります。家事や育児との両立を考えるとネックになる点が幾つかあるのも事実です。

薬剤師業界はいまだに人手不足が続いています。そのため、結婚や出産でブランクのある女性薬剤師であっても復職できる職場は多く残されています。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.