複数回目の転職になる方へのアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> ここは押さえよう >> 複数回目の転職になる方へのアドバイス

複数回目の転職になる方へのアドバイス

基本的に薬剤師は売り手市場と言われています。つまり、人手不足なので就職や転職に有利ということです。また薬剤師は1つの職場で勤務するよりも転職することでスキルアップやキャリアアップにつながるのも事実です。

しかし、転職回数が複数回になるとどうでしょうか。ある調査によると、面接を行う経営者の多くは3回目以降の転職にはあまり良い印象をもっていません。つまり3回目までの転職であれば、ギリギリセーフといえます。薬剤師不足な訳ですから、雇用側はなるべく長い間働いて欲しいと考えています。転職が複数回であると、「人間関係に問題があるのかもしれない」「今回もすぐに辞めてしまうのではないか」と考えてしまうようです。

複数回の転職をしていても、どうしようもない理由の場合は問題ありません。配偶者の引越や勤務先の閉鎖などで転職を繰り返していても面接時にマイナスイメージを与えることはありません。

20代での転職も問題はありませんが、もし短期間での転職を繰り返す場合は注意が必要です。石の上にも3年という言葉があるように、新卒の薬剤師も勤務先での仕事や技術を習得するまでには少なくとも3年は必要と考えられています。それで3年を経過せずに転職する場合や、1つの勤務先での勤務期間が極端に短い場合はマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

面接時の転職理由も大切なポイントになります。薬剤師としての知識や技術をさらに習得してスキルアップやキャリアアップにつなげるために転職するのであれば、自信を持ってアピールすることができます。一方で前職での収入が低い事や仕事が忙しすぎるといったことを理由に転職するならば、転職先でも同じような問題や不満に直面する可能性があります。余り全面的にアピールしない方がよいでしょう。

転職を複数回することによって、得ているメリットをアピールすることができます。様々な職種を経験することでどのような技術や知識が身についたのか、前職ではどれの仕事量や責任を任されていたのか、などの自分の強みをアピールすることで雇用側にも好印象を与えることができます。

まとめとして、転職は3回以内であればマイナスイメージを与えることは少ない傾向です。またどうしようもない理由の場合も問題はありません。なるべく短期間での転職は避けた方がよいです。複数回転職する場合でも、転職理由としてなるべく積極的な事柄を含めることが大切です。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.