製薬会社へ転職時のアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> 職場別のアドバイス >> 製薬会社へ転職時のアドバイス

製薬会社へ転職時のアドバイス

調剤薬局やドラックストア、病院など薬剤師の活躍できる職場は数多くあります。そして一般企業のなかにも薬剤師が転職可能な求人があります。代表的な企業では製薬会社や化粧品メーカーなどがあります。

製薬会社で働く薬剤師は他の職場に比べて収入が高く、休日も週休2日制というメリットがあります。正社員の平均年収は約600万円前後です。外資系製薬会社であれば、さらに好条件の求人もあり年収1000万円以上が可能な職場もあります。

薬剤師が製薬会社で勤務することを考えると、新薬の開発や研究を思い描くかもしれません。勿論、研究開発に関わる薬剤師もいますが、企業で働く薬剤師全てが研究開発を行うわけではありません。むしろ全体の比率でみるとかなり少数の薬剤師に限定されます。研究職や開発職に転職するためには、前職での経験があることが必要条件になります。またこの分野で活躍している薬剤師のほとんど全員は一流大学の博士号や修士号を取得しています。企業が募集する研究職や開発職の案件も少ないため、この業種へ転職することは不可能ではありませんが、かなり至難の業になりそうです。

MR職と呼ばれる医薬品の営業を行う薬剤師もいます。製薬会社で取り扱っているあらゆる薬に関する情報や知識を収集し、どのような効果があるかなどを医師や医療従事者に伝える事が主な業務です。MR職に就くために薬剤師の資格は必要ではありませんが、薬に関する専門的な情報や知識を取り扱うため薬剤師の方が有利なのは事実です。また営業職でもあるため、頑張り次第で収入アップも可能です。実際に30代で年収1000万円以上のMR職もいます。

薬剤師であっても製薬会社で働くならば、会社員として働く色が濃くなります。調剤業務や服薬指導などを患者さん個人に行うことは殆どなくなります。逆にデータ収集や資料作成などのデスクワークが中心となります。ただ、そのような企業薬剤師の努力によってより良い薬剤を病院や薬局に知らせることにもなり、引いては患者さんの病気回復にもつながります。自分の仕事だけに注目するならば、やりがいを失ってしまいますが、物事の全体を見ると大きく貢献していることを認識できます。

薬剤師として本来行う業務からやりがいや充実感を見出す薬剤師にとっては製薬会社への転職は向いていないかもしれません。薬剤師としての資格を上手に活用して、高収入や福利厚生のある職場で働きたい薬剤師にはおすすめの転職先となります。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.