ドラッグストアへ転職時のアドバイス

薬剤師アドバイスサイトTOP >> 職場別のアドバイス >> ドラッグストアへ転職時のアドバイス

ドラッグストアへ転職時のアドバイス

年収アップを考えて転職する場合、ドラックストアを選ぶ薬剤師が多くいます。最近では調剤薬局を併設しているドラックストアが増えているため、以前よりも求人情報は多くなっています。また病院や調剤薬局で勤務する薬剤師よりも平均年収は高いのが魅力となっています。

ドラックストアで勤務する薬剤師の平均年収は約600万円から750万円程度です。薬剤師全体の平均年収が500万円前後であることを考えると、年収アップを目的に転職する薬剤師が多い理由も分かります。また能力によっては店長やエリアマネージャーへ昇進することもできるので、努力次第では将来的に年収1000万円以上も不可能ではありません。しかし、業務時間が長時間であることや、休日も不定期であることがネックになるかもしれません。

調剤業務だけではなく、OTC販売や在庫管理、レジ打ちなどドラックストアで働く薬剤師の業務内容は多岐に渡ります。お客さんと直接関わる業務多いため、コミュニケーション能力を必要とする職場です。自分の薬剤師としての知識や経験を活かして、お客さんの必要な情報を伝えることができるので、やりがいを感じることができる職場でもあります。

ドラックストアでの勤務は短時間からでも可能な点もポイントになります。結婚や出産などで一時的に薬剤師を休職中の女性薬剤師にとっても自分の生活パターンに合わせたパート薬剤師としての勤務が可能です。他の職業でパート勤務をすることに比べると短時間で高収入を得ることができるのはドラックストアのメリットの一つになります。

逆に薬剤師としてのスキルアップを考えている場合は、ドラックストアへの転職は向かないかもしれません。上述したように、業務内容は多岐に渡ります。そしてそのほとんどは薬剤師としての業務ではないものです。調剤薬局併設のドラックストアであっても、調剤業務や服薬指導に関われるかどうかは保証されていません。また常にお客さんを相手にする職場でもあるため、精神的にも負担がかかることがあります。

以上のことを考えると、薬剤師としての仕事のやりがいやりがいというよりも、収入面で好条件を望む薬剤師にはおすすめです。またシフト制やパート薬剤師としての勤務も可能なため、結婚や出産後に職場復帰を考えている女性薬剤師にも働きやすい職場となります。収入面では恵まれていますが、薬剤師としての知識や技術を向上させることは難しい環境であることを理解したうえで転職することが必要です。

安心して転職ができる!人気の薬剤師転職エージェント一覧

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師転職のアドバイスサイト All Rights Reserved.